山形米粉人: 山形まるごと館紅の蔵

米粉料理教室講師
山形まるごと館紅の蔵
Cafe&Dining990

佐藤善太郎さん


■米粉料理教室の感想

料理教室自体は今回で3、4度目の経験でした。 参加者の皆さんは料理に対して大変興味があり、熱心に質問がありましたね。 例えば、料理人である自分にとっては当たり前のことでも、そこを質問をされたりすると、 意外というか、新鮮で、料理を学び始めたころを思い出しましたね。 とても面白く料理教室ができたと思います。


■米粉の活用を志したきっかけ

8年くらい前、フォンダンショコラを作ったのがきっかけです。
その時は材料に小麦粉を使っていたのですが、小麦粉だとけっこう
火を入れないといけませんでした。代わりに米粉でやってみたところ
火の入りが良く、とてもうまくできました。
それ以来、少しずつ米粉を使うようになりましたね。
紅の蔵に来て、米粉に関する行政の取り組みを知り、さらに勉強になりました。
現在では、小麦粉アレルギーの人のためにもっと米粉を使っていきたいと
思っています。


■米粉を活用する上での工夫

米粉のメリットは様々ありますが、振るう必要がないというのがいいですね。
調理がスムーズに行きます。撹拌しやすいのでジューサー1つで
簡単にホワイトソースができてしまいます。
他にも米粉を使用するメリットとして、フォンダンショコラはサクサクに
なりますし、パンはしっとりになります。


■米粉料理への想い

米粉の料理は、小麦粉アレルギー体質の方にも安心して食べていただけます。
特にアレルギーをもった子供に米粉を使った料理を食べてほしいですね。
なので、小麦粉が何割か入っているものではなく、米粉100%を目指して行かなければ
いけないと思います。米粉でしか作れない新商品を作って行きたいです。


■現在の取り組み内容、今後の活動展開

米粉の使用として、例えば冬はランチに「米粉グラタン」を出しています。
また、店で出しているわらび餅には米粉を使用しています。

今後もどんどん米粉料理に取り組んでいきたいと思っています。
先も述べましたが、アレルギーをもつ子供や親御さんのために米粉100%で、
家庭でもできるものを特に目指して行きたいです。
これは料理人の使命でもあると思います。


▼店舗情報

山形まるごと館紅の蔵
Cafe&Dining990


◎住所/山形県山形市十日町2-1-8 山形まるごと館 紅の蔵
◎営業時間/
10:00-22:00(ラストオーダー21:30)
◎定休日/毎週水曜日(祝日の場合は営業)、1月1日は全館休館
◎TEL/023-679-5103
http://www.beninokura.com/990/
フッター画像
(C) 山形県米粉利用拡大プロジェクト推進協議会(事務局:山形県農林水産部6次産業推進課) [login_s] [login_t]

合計2,452,510件 (2011.08.13〜) 今日296件 昨日1,471件 記事715件