山形米粉人: おやつ工房みるくぱん

米粉料理教室講師
おやつ工房みるくぱん
菅原久美さん


■米粉の活用を志したきっかけ

当初から体にやさしく心においしいものづくりをしたいと 思っていました。最初は、シフォンケーキ等のお菓子を 輸入小麦粉ではなく、国産小麦粉で作っていました。 そのうち、小麦アレルギーの方のための米粉があることを知り、 当時は珍しかった国産米粉を取り寄せて使ってみたのがきっかけです。


■米粉料理への想い

米粉を用いて、小麦粉のレシピと同じようにシフォンケーキを 作ってみましたが、最初はあまり膨らみませんでした。 それでもベーキングパウダーや小麦粉を使わないで 試作を重ねてようやく今のシフォンケーキになりました。 米粉シフォンケーキは、しっとりしていておいしかたのですが、 あまり売れませんでした。そのうちに米粉ブームの到来もあり、 県内でも容易に米粉が入手できるようになり、地産地消に つながる地元産米粉で作れるようになりました。 米粉スィーツを取り上げてもらうこともあり、だんだん 売れるようになってきました。

■料理教室の感想

スィーツを作ることが多いのですが、参加者の皆さんから 手軽に作ってもらえるもので、甘くない「米粉ケークサレ」を選びました。 ほかのお菓子にくらべ米粉の量も多く、お腹もちが良く軽食にもなります。 お好きな野菜や材料でアレンジ出来ます。料理教室に参加の皆さんは とても上手に作ってくれました。みなさんから「また、来たい」と言って もらえるのがうれしいです。おしゃべりしながら楽しめる料理教室に なるように心がけています。

■今後の活動展開

気軽に参加できるような料理教室を各地区をまわりながらやっていきたいです。 理想としては、テイクアウトもでき、体験教室もできるようなカフェをしたいですね。

▼店舗情報

おやつ工房 みるくぱん

◎住所/山形県鶴岡市下名川字村下19-18
◎営業時間/11:00〜15:00
ランチ営業、日曜営業
◎定休日/年末年始
◎TEL/0235-53-3327
http://www.shokokai.or.jp/06/0620335022/
フッター画像
(C) 山形県米粉利用拡大プロジェクト推進協議会(事務局:山形県農林水産部6次産業推進課) [login_s] [login_t]

合計2,289,618件 (2011.08.13〜) 今日164件 昨日1,379件 記事708件