記事詳細ページ

技術相談

山形県農業総合研究センター農産加工開発部
山形県農業総合研究センター農産加工開発部では、県産農産物の加工適性などの特性を明らかにし、新規加工品の開発などに関する研究を行っています。
米粉に関しては、パン、麺等品目別に加工適正に関与する影響を解明し、
加工技術を開発しています。
また、農産加工部門など小規模製粉施設での品質管理手法を確立しています。
研究の一方で、県内の農産加工グループや起業を目指す農家・事業者に対して
加工技術などの指導を行い、“農業の総合産業化”を支援しています。

【連絡先】(代表):023-647-3500

各総合支庁農業技術普及課
各総合支庁農業技術普及課で、米粉に関する技術研修会などを
開催していますのでお問い合わせください。

▼村山総合支庁
・農業技術普及課 023-621-8278
・西村山農業技術普及課 0237-86-8700(代)
・北村山農業技術普及課 0237-47-8631

▼最上総合支庁
・農業技術普及課 0233-29-1300(代)

▼置賜総合支庁
・農業技術普及課 0238-57-3411
・西置賜農業技術普及課 0238-88-8214

▼庄内総合支庁
・農業技術普及課 0235-64-2103
・酒田農業技術普及課 0234-22-6521

その他の指導機関 有益な情報や指導機関をどんどん活用しましょう!
▼国内産米粉促進ネットワーク(CAP.N)
米粉を産業として育てていくために、原料米供給、米粉の加工、米粉商品開発、
マーケティングまで現場で提起されているさまざまな問題を解決、
サポートしていくネットワーク組織です。講師派遣や各種セミナー開催など。
http://www.cap-n.jp/

▼こっけんクッキング
(財)日本穀物検定協会料理研究所。
米粉については、製パン厨房(日商10万円、5坪程度)を再現した施設を備え、
「米粉パン開業支援コース」などのビジネス向けの講座も開設しています。
http://www.kokken-ryori.jp/index.html

2011.09.01
やまがた米っ粉クラブ:事務局:画像

やまがた米っ粉クラブ:事務局

「やまがた米っ粉クラブ」は、山形県産米を使った米粉の利用拡大を図る、生..

フッター画像
(C) 山形県米粉利用拡大プロジェクト推進協議会(事務局:山形県農林水産部6次産業推進課) [login_s] [login_t]

合計2,448,598件 (2011.08.13〜) 今日565件 昨日1,262件 記事715件